東京ジュエリーセレクション 石垣順子デザインジュエリー
吉田良からのコメント

(ちょっと古すぎ話題を一席) 私の仕事場は東京上野近くですが、この地域は下町情緒たっぷりの江戸文化の中心を自負しています。2月は湯島天神の梅まつり、泉鏡花「婦系図」の純愛物語の舞台、映画で主演の山本富士子と鶴田浩二は日本のおばあちゃん皆が知っていることでしょう(笑)。 「湯島の白梅」で有名な淡いピンクの花の姿は凛として上品、花言葉は平安の貴族、菅原道真に因んで「忠実」と「気品」だそうです。華やかな紅梅も素敵ですが、淡いピンクは私たちが使う宝石の中に多く使われる色と輝きで、日本の女性たちを美しく飾ってくれる代表的な色として、多くのデザインを創造させてくれます。 間もなく、桃の花の季節「ひな祭り」。淡いピンクの素敵な季節が続きます。

  • Once in a Blue Moon
  • 北海道産ロードクロサイト
  • ラフダイヤモンド
  • カラーストーン
  • ミルシャンテ
  • インプレッシブダイヤモンド
  • ヴィーナスアローダイヤモンド
  • アーリスタダイヤモンド
石垣順子からのコメント

私の大好きな宝石、そして自慢のジュエリーデザインの一つがアメシストのコレクションです。アメシストと言っても濃い薄い様々な色と輝きの魅力があります。高貴な青紫系に心を鎮めてくれる力がありますが、清らかな愛情を感じて頂ける、珍しい「淡いパープルの輝きの魅力」フランスのバラ色を知っていただけたらうれしく思います。 アメシストを詳しく見る